防水工事を業者へ依頼するタイミングや時期について

ローラーで塗装する

実際に、どんな症状が出たら業者へ防水工事を依頼すべきなのでしょうか。「こんな不具合が見られるけど、本当に依頼していいのか」など、判断に迷っている方もいらっしゃるでしょう。
まず業者へ相談する症状として多いのが、雨漏りです。天井に雨の染みができていたり、クロスが湿って剥がれているようなら劣化のサインです。建物内部に雨水が侵入していることになりますので、早めの対処が求められます。
次にひび割れです。放置すると雨水が侵入して建材を劣化させてしまいます。
外壁を触ると、チョークを触ったときのように白い粉がつくことはありませんか。これはチョーキングと呼ばれるもので、外壁の塗膜が劣化していることを意味しています。このような場合は塗り直しのメンテナンスが必要となります。
そのほか、剥がれや膨れがあったり、雑草が生えてきたりしている場合も、防水工事を必要とするサインです。

防水工事を依頼するなら、春や秋のシーズンがおすすめです。冬場は防水塗料が凍結したり結露してしまう可能性があります。夏は、暑さで防水シートが伸びてしまうことがありますし、梅雨で塗料が乾燥しづらく雨で流れてしまう可能性もあります。そのため、適度な環境下である春や秋に業者へご依頼ください。

業者が防水工事を施す場所はどこなのか

防水工事を行うとなると、業者はどのような場所を工事するものなのか気になる方も多くいらっしゃるでしょう。

一般的には屋根をイメージする方が多いでしょう。確かに屋根からの雨漏りに困ったことがあるという方も多くいらっしゃいます。しかし、業者が防水工事を行うのは屋根だけではありません。外壁のひび割れによる雨漏りや水漏れなどでお悩みの方も多いのです。

太陽の熱や激しい雨風にさらされる屋根や外壁は、他の箇所と比べると特に劣化が早いので注意が必要です。天井に雨の染みがある、外壁に触れると白い粉が付着するなどが見られる場合は劣化のサインです。放置しておくと、さらにひび割れや雨漏りが進んで大規模な改修が必要となってしまう恐れがありますので、気を付けましょう。

屋根や外壁だけでなく、ベランダやバルコニーも防水工事を行う箇所の一つです。特に出入りの機会のあるベランダやバルコニーの劣化をそのままにしていると、建物内部に浸水が起こる大きな要因となってしまうため注意が必要です。

屋根や外壁、ベランダ、バルコニーなど、防水に関しては定期的にセルフチェックを行うことをおすすめします。劣化が見られる場合には、早めに専門の業者へご相談ください。

防水工事を必要とする理由を知って業者へ依頼しよう

皆さんは、防水工事を依頼したことがありますか。「防水してくれる工事」となんとなくはわかるかもしれませんが、本当に必要なのか、その理由を知りたいという方も多くいらっしゃるでしょう。

防水工事とは、雨や紫外線など、様々な自然の事象から建物を守って保護するための工事を指します。防水工事を行うことで、建物内部に雨水などが染み込むのを防ぐことができるのです。ただの水だからと侮ってはいけません。
ひび割れや雨漏りなど、様々な不具合をそのままにしていると、水が建物内部へと入り込み、さらなるひび割れや腐食などを引き起こしてしまいます。このようなひび割れや腐食が進行していくと、建物の寿命を縮めてしまいますし、資産価値も下がってしまうでしょう。最悪の場合、地震や台風などの大きな災害で倒壊する危険性も高まってしまいます。「これだけのひび割れや雨漏りなら」と自己判断せずに、早めに専門の業者へ相談して頂くことをおすすめします。
プロの業者による防水工事を施せば、ただひび割れや水漏れを防げるというだけでなく、建物の寿命も伸びますし、資産価値の維持にもつながります。

より快適に安心して暮らしていくためにも、水による劣化を防ぐ防水工事は非常に重要ですので、ぜひ業者への依頼をご検討なさってください。

下地補修工事

防水工事を行なう際の業者の選び方とポイント

防水工事は、建物を長持ちさせるために必要不可欠な工事です。 面倒だからといって、蔑ろにしてしまうと、建物の内部に雨水が侵入しカビが生えてしまったりする可能性が高くなり、寿命が短くな…

Update List